MENU

Staff's Voice

Staff's Voice

A.S

製品&サービス開発

製品&サービスビジネス推進本部
スマートデバイスソリューショングループ
法律学部 法律学科卒 2017年入社

「いまどこ+」を中心に自社製品の開発に携わっています。
遊園地のイベントなどCMになるようなアプリを開発するときは
責任感で緊張する反面、成功すると嬉しいですしやりがいも感じられます。

文系でも「ものづくり」がしたい!

就活は業界を絞らず、目に留まった会社には片っ端から説明会に参加しました。腰を重くしないことを心がけていましたが、業界を絞らなかったせいか、業界研究があまりできていなかったのと、自分をアピールすることが苦手なので、面接では苦労しました。「あなたの長所は?」等と聞かれた時に詰まってしまうことが多く、客観的な視点が足りないなと痛感し、学校の面接対策セミナーに参加したり、自分で動画を撮影して面接の練習をしたりしました。
IT業界を見るようになったのは、元々興味があったゲームデザイナーやシナリオクリエイターの募集を探していたときです。はじめは「理系」「専門職」のイメージが強く、私ではだめだろうと読み飛ばしていたのですが、KCCは「文系」でも大丈夫と書いてあったことと、HPに載っていた文系出身の人が楽しそうに働いている印象を受けて説明会に参加しました。文系でも大丈夫な根拠や、リーマンショック時の対策など、冗談も交えながら、細かく説明していただけました。学生時代に所属していた演劇サークルでの活動を通して、物を作る側の苦労や楽しさを知っていたので、文系でもできるのであれば楽しいのかもしれないと思いました。
KCCに入社を決めたのは、説明会で聞いた「ITは社会の縁の下の力持ち」という言葉に惹かれたこと、「ものづくり」をしてみたい、人を「あっ」と言わせてみたいという自分の夢が実現できるのではないかと思ったからです。

「わかりやすく、直しやすい」コーディングには日々のトライ&エラーが必要です

入社前は文系でも大丈夫と聞いていましたが、やはり勉強面に不安がありました。情報処理技術者試験の参考書を何冊かいただいたのですが、ちんぷんかんぷんで意味がわからず、本当にやっていけるのだろうかと思っていました。今でもわからないことはたくさんありますが、新人研修での講義と配属後先輩に教えてもらったことで、少しずつ解消できているかなと思います。
現在は自社製品である「いまどこ+」を中心にアプリをより便利に使いやすくする開発を行っています。開発に携わり始めの頃は、ただ動くことばかり考えて、わかりやすい、見やすい、直しやすいということを考えていないと指摘をされました。今見返すと、自分でもどうしてこんな風に作ったのか全く思い出せないものばかりで…。今は、機能ごとに細かく分けること、コメントを残すこと、わかりやすいコーディングをすることを意識しています。
また、開発だけでなく、宣伝イベントにも説明員として参加しています。KCCのアプリを知らなかった人に「こんなアプリあったんだ。ちょうど困っていたんだ。」と言っていただけると、説明しがいがあって嬉しくなります。

今後の目標とメッセージ

今後は自分に与えられた仕事をなるべく自分でできるようになることが当面の目標です。1年目より自分でできることは増えてきましたが、まだまだのことが多いので…。私の部署は専門屋というよりは、何でも屋さんが多いので、私も色んなことができるようになるべく、今の課題を自分の力で解決できるようになりたいです。
KCCは入社前に思っていたよりも怖い場所ではなかったなぁと思います(笑)。働くことに漠然と恐怖を抱いていたので、怖い妄想ばかり膨らんでいましたが、きちんと教えて下さるし、ミスをしても必要以上に怒られることはないです。もちろん余計なことをすれば怒られますが…。
また、部署間の壁も上下の壁も良い意味で、あまりない会社です。自分が動けば、色んなことを発言、発案できる会社だと思います。新しいことがやりたい、こういう方法もあるという新人の意見にも、「新人の意見だから」という理由で切り捨てらることはありません。自分が動けば、応えてくれる。そんな会社だと思います。