MENU

Staff's Voice

Staff's Voice

N.I

アカウントサポート

PFソリューションユニット
アカウントサポートグループ
文学部 日本文学文化学科卒 2017年入社

サポートエンジニアとしてお客様からの問い合わせ対応をしています。
IT業界ってシステム開発のイメージが強かったのですが、
KCCに入社してITと一口に言っても多種多様な仕事があるのだと実感しました。

学校でホームページを作ったことがきっかけでIT業界へ

IT業界に興味を持ったのは、学校で履修していた司書課程の授業で、ホームページを作成してからです。司書は蔵書検索システムを駆使する必要があるため、システムの中身を実際に作成し、更新が出来るようになることが目的の授業でしたが、それまでプログラミングをしたことが無かったので、とても新鮮で自分の作成したコード通りにプログラムが動くことが楽しかったです。仕事をするならできるだけ楽しんで取り組めることが良いと考えていたため、IT業界も良いなと思いました。
就活では変に飾らず、正直に対話する、自然体でいることを心がけていました。無理して内定をもらっても入社してからが大変だと思いましたので、不採用になってしまった場合はご縁が無かったんだと割り切っていました。落ち込みはしていましたが…。
KCCは合同企業説明会でブース訪問をして知りました。はじめは「こんな会社もあるんだ」くらいにしか思っていませんでしたが、説明会で文系の私にもわかるように丁寧に、和気あいあいと話してくれたことが印象に残っています。就活のはじめの頃は業界研究が足りず、説明会に行っても何を言っているのかわからなかったので、説明会の印象が良かったことは入社の決め手にもなりました。

製品のエキスパートになることが目標です

現在はサポートエンジニアとして、お客様からのお問合せに対し、解決策のご案内をしています。お客様と直接やり取りをすることが多いので、厳しいお言葉をいただくこともありますが、「助かりました」や「ありがとう」というお言葉を直接いただけることはとても嬉しいですし、やりがいを感じられます。
まだ担当している製品の知識が少なくて、先輩に教えてもらったり、しっかり調べたとしても、回答内容に自信が持てず確認をしてもらうことも多々ありますが、「この製品のエキスパートだ」と胸を張れるような知識量を付けることが、当面の目標です。

文系だからこその苦労と強み

入社前は文系で知識が少なくても大丈夫とは言われていましたが、本当に大丈夫なのだろうかと不安で胃がキリキリしていました…。入社してから振り返ってみると、研修やOJTでフォローしていただけますが、確かに知識が少ない分、覚えることは多いです。勉強して少しずつ知識は身につけてきたとは思いますが、調べても自分が理解できる解説を見つけられなくて、「結局何が言いたいのこれ」と思ってしまうこともありました。
逆に、文系ならではの強みは、文章の組み立てができることで、普段からお客様に納得していただけるように分かりやすく書くことを意識しています。個人的には、司書課程で調査方法を学んだおかげで、過去事例やWEB検索のコツがつかめているのかな、と思っています。お客様への回答で調査をすることが多いので、勉強していて良かったです。