MENU

Staff's Voice

Staff's Voice

A.H

システム基盤構築

PFソリューションユニット
プラットフォームサービスグループ
音楽学科卒 2018年入社

コンビニATMと銀行をつなぐシステムの運用、保守を担当しています。
学生の頃にITの勉強をしていなかったので、覚えることが多く苦労はしていますが、
今苦労していることを踏まえて後輩指導ができるようになりたいです。

就活で気を付けていたこと、新人研修の思い出

業務を通して人の暮らしをサポートしたいと思い、はじめは文系業種で就活をしていましたが、就活を続けていく中で、IT業界で自分のやりたいことが実現できると気づき、IT業界を志望するようになりました。IT未経験の私は、会社説明を聞いて不安を抱くこともあったのですが、KCCの会社説明は丁寧で、「文系OK」の言葉を信用できる、頑張ればSEになれると思えました。
面接では「正直に話す」ことを意識していました。人前で話すことがあまり得意ではないので、面接用にきれいな言葉を用意してしまうと、うまく話せなくて、自分の話に矛盾が生まれるような気がしていたからです。自信を持って話すためにも、その場で思ったことを素直に伝えるようにしていました。
入社後の新人研修では、3ヵ月間集中して研修を受けられたことで、実際にプロジェクトに配属される際の不安がかなり軽くなりました。特に印象に残っているのは、研修の最後に実施した開発演習です。できないことやうまくいかないこともたくさんあって、精神的に参ったこともありましたが、IT学科出身の同期に助けてもらったり、自分と同じように苦労している同期と励まし合いながら頑張れたので、同期がいてよかった、と思えた研修でした。

当たり前の日常を支えていることが仕事のやりがい

コンビニATMと銀行をつなぐシステムの運用、保守を担当しています。定期メンテナンスをはじめ、「24時間取引ができるようにしたい」というようなお客様の要望に対応したり、今までコンビニATMでの取り扱いが無かった銀行を、取引ができるようにシステムに追加したりもします。
また、海外のチームにシステムが問題なく動いているかの分析を依頼していて、メールやチャットでシステムについて英語でコミュニケーションをとったり、お客様に提出する資料等を日本語に校正したりもしています。担当しているシステムや業務内容の理解が深まってきて、自力でスムーズに対応できることが増えてきたことが嬉しいです。
日常生活でユーザとして使っていたコンビニATMの運用に携わるようになり、当たり前の日常を支えていると感じられることが、仕事のやりがいです。

文系出身だからこそ、後輩に寄り添う指導ができる先輩になりたい

学生の頃にITの勉強をしていなかったので、覚えることの量が多いことは苦労しています。ITの基礎知識に加え、システム運用上の知識の両方が必要なので、とにかく調べて、わからないことは正直に「教えてください」と質問しています。
代わりに、知識が少ないからこそ、業務に慣れたSEとは異なる目線から、現場で慣習化した作業手順が業務マニュアルに記載されていないと気づくことができました。自分ができることを増やすだけでなく、後から着任する人のフォロー体制を整えることができるようになったのかなと思います。
直近の目標は、先輩方のサブとして担当している業務をメイン担当としてできるようになること、今後は、新人教育に携わって、文系出身として苦労したことを踏まえた指導ができたらいいなと思っています。