MENU

Staff's Voice

Staff's Voice

Y.M

通信ネットワークシステム開発

CNソリューションユニット
モバイルソリューショングループ
理工学部 電子情報工学科卒 2015年入社

次世代通信ネットワークのIP通信網交換システム開発に携わっています。
初めて新人の教育担当になり、私自身がまだ慣れないこともありますが、
わからないことをわからないと素直に言ってくれるとありがたいです。

面接はしっかり練習しておくことをオススメします

大学はとりあえず文系よりは理系、と思って進学しましたが、大学でプログラミングを学んで面白いと思い、IT業界に絞って就活を始めました。緊張すると早口になってしまう癖があり、自分でも何を言っているのかわからなくなるので、面接では話すスピードを意識していました。しかし、面接でうまく話せた記憶が無く、友達とちょっと練習はしてみましたが、もっとしっかり面接練習をしておけば良かったと思います。
KCCはナビサイトで調べていて見つけました。説明会で明るくユーモラスにお話していただいたので、会社の雰囲気が良いなと思っていました。残業時間の質問に対して、「人によるので一概には言えない」という回答に当時は不安を感じましたが、実際仕事をしていると本当にその通りなので、仕方が無かったのだなと思います。

個性豊かな同期たちとの研修が楽しかったです

入社後の研修では、ビジネスマナー等、学生時代に気にすることの無かった内容ばかりで、日々新鮮味を感じることができました。また、同期それぞれに得手不得手があったので、お互い指摘し合って改善していけたことが良かったと思います。特に、姿勢や歩き方を正す研修は、それぞれの個性が強く出ていて楽しかったです(笑)

多くの方が使うシステムの試験は事前の確認も念入りに

現在はIP通信網交換システムの開発に携わっています。サービスの加入者が電話をかける時に、電話番号を判断して、相手に電話をつなげる等、回線を制御するサーバの開発で、私は設計から開発、試験まで担当しています。
成功話とは言い過ぎかもしれませんが、試験をする際に使用許可をいただいたマシンの準備中に、「おや?」と違和感を覚えたので、詳しく確認してみると、他の試験が実行されていることに気づきました。試験マシンの管理状況が更新されていなかったことが原因だったのですが、気づかずに試験を実施していたら、実行中の試験が完了できないのはもちろん、試験環境自体を壊してしまう可能性もあったので、お客様や先輩から「よく気づいたね」と言っていただけました。事前にしっかりと確認していて良かったです。

新人の教育担当になって

入社4年目で初めて新人の教育担当に任命されました。仕事に必要な技術はプロジェクトによって様々なので、入社時に知識が無くても構いませんが、わかったつもりで手順に無い作業を行ってしまうと、取り返しのつかないことになるので、わからないことをわからないと素直に言ってくれるとありがたいです。今担当している新人には、5分考えてもわからないことは1時間考えてもわからないことが多いので、すぐに聞くようにと指導しています。
以前誤って試験環境を壊してしまったことがあり、落ち込んでいた私に周囲の先輩方が「まあ、お菓子でも食べなよ」等と励ましてくれました。それからは失敗しても落ち込み過ぎず、ポジティブな考えに切り替えることを意識するようになりました。今後は、先輩方が私にしてくれたように、新人のフォローができるようになりたいです。